カルチャージャパン会社案内と採用情報

POSTED BY DANNY CHOO On 日 2013/06/23 23:46 JST in ジャパン

更新: 募集は終了しました。

カルチャージャパン(MIRAI株式会社)とは

日本文化を世界と共有し、外国からよりアクセスし易くさせる事がカルチャージャパンの使命です。この使命は会社のマスコットキャラである末永みらいにお手伝いをしてもらいつつ、僕達が開発、運営しているウェブ/モバイルプラットフォーム、制作しているテレビ番組、開発している商品、世界中で展開しているイベントを通して全うしています。

僕達は活動拠点を東京に置き、ファッション、ポップカルチャー、テクノロジー、グルメ、日常生活に加え、運転免許の取得方法健康診断の受診方法家の購入方法自身のクローンの生み出し方等を含む日本文化のあらゆる側面を網羅しています。

事業内容

僕らは使命として掲げている「日本文化の共有」に貢献する様々な事業に取り組んでいます:-

  • 本サイトカルチャージャパンやFacebookTwitterGoogle+LINEInstagram等の様々なウェブ媒体/ソーシャルメディアネットワークを通して情報を拡散しています。
  • 日本の地上波テレビ番組カルチャージャパンや日本国内外で放送されているジャパンモードをプロデュースしています。
  • 志を同じくする同士達が集うカルチャージャパンナイトやカルチャージャパンコンベンション等のグローバルなイベントをプロデュースしています。また、世界最大のアニメイベントであるアニメエキスポアニメフェスティバルアジアのプロダクションのお手伝いをさせて頂いています。
  • 僕らはキャラクターブランドの開発も手掛けています。メインキャラクターの末永みらいは日本の女子高生で、ミライミレニアムというお話のヒロインでもあります。みらいは「みらいちゃん」とも呼ばれています。
    みらいちゃんは日本のゲームやアニメに出演し、エアアジア、Touch ‘n Go紀伊国屋グッドスマイルカンパニーブシロードアスキーメディアワークスキングレコードニトロプラス等を始めとする様々な企業とのコラボも果たしています。詳細は各リンクをクリック!
  • 人気の日本語学習フラッシュカードもえかなもえ漢字を開発/販売しています。現時点では世界中で数万パック販売され、本シリーズは今後も続々展開予定!
  • スマートドールと言うインタラクティブなロボット人形を生産していて、近々販売します。
  • ミライガイアと言うウェブ出版システムを開発/ライセンスしていて、このサイトも当システムで運営されています。また、iOSやAndroidのモバイルアプリも開発しています。
    僕らのウェブテクノロジーをご利用頂いている企業はコナミ、プロダクションI.G、キングレコード、グッドスマイルカンパニー、ブシロード、角川、アスキーメディアワークス、ゆずソフト、セガ、ソニーコンピューターエンタテインメント等と大部分はアニメ業界所属です。
  • 事業内容の詳細情報は僕のプロフィールページお金に関する投稿記事に記載されています。

現在の会社の調子

僕らの事業の一番良いところは金儲けの為ではないという事です。動機は単に日本文化が好きだからです。日本文化との出逢いは僕らの人生を変えてくれたので、同じくより多くの人達にも日本と出逢い、人生が変わる体験をして欲しいと願っています。

情熱を抱いている物事に没頭し続ければ、それは次第に強いビジネスや自分ブランドへと姿を変え、お金は必ず後から付いてくる、というのが僕の信念です。例えどんなに困難な状況になろうと、信念を持ち、それを抱き続ける事が大切です。情熱的であり続けながら食べて行く事は難しい、とは良く言われていますが、誰も楽な道でなければならないとは言ってません。

ここ数年は毎日がチャレンジで、厳しい日々が続きましたが、事業も徐々に軌道に乗り始めました。
2012年会計年度の総収入は約5000万円(50万USD)となり、末永みらいのブランドがその大部分を占めました。

2012年度は5000万円稼ぎましたが、ほぼ同じ額の支出もありました ^^;

なら何故これでも大丈夫なのかというと、楽しい事をやりながら学べる事も沢山あるからです。
僕らの会社はまだ日が浅いので、コストが削減可能な箇所を特定し、賢く資金を運用して、より多くのお金を生む為にも、先ずは経験を積む事にお金を投資する必要があると考えています。また、それ以上に大切なのは、よく働いて、よく遊べる環境を作り上げる事です。

金儲けがモチベにならない理由の記事では、仕事は金儲けの為ではなく、好きな事をやる為にあり、お金はそれを通して自然と入ってくるものだとお話しました。

会社を成長させる為に稼いだお金は即座に会社に還元していて、今回採用に踏み切った理由もここにあります。僕は自分の給料を上げる必要が出るようなお金の掛かる趣味はありません。実際には、社員の中では一番給料が少ないです!

会社が生み出した利益は必ず会社の成長や、求められている以上の働きを見せてくれた社員へのボーナスに使われます。こうもしなければあっという間に利益に税金が掛かってしまうのです ^^;

僕らの目的は金儲けではなく、満足させなくてはいけない投資家にも縛られていないので、臆せず新しい事にお金を掛けられます。
多くの企業では、新しいアイデアを提案しても「元が取れた場合のみ試しても良し」という答えが返ってくるのが関の山です。
しかし、僕の場合は「将来的に物事を効率的に運び、利益を生み出せるようになる経験を積む事が出来るのであれば、元が取れなくても関係無い」と答えます。

会社の成長の為には確かにお金は必要ですが、それ以上に大事なのは、より賢い組織に育つ上で必要な知識と経験です。賢い会社は将来的にお金を稼ぐ事で頭を悩ます必要はなくなります。知識こそ全てです。

僕らのビジネスが持続可能となり、更に成長する準備が整った段階へと発展したのも、長期的な視点から物事を考えてきた賜物だと考えています。

カルチャージャパンの短期的目標とは

  • この記事を書いている現時点(2013/06)での目標は、8月中に新しい場所に引っ越してオフィスを拡大する事です。第一段階では新オフィスを4人の追加正社員メンバーで埋める予定です。
  • ECウェブサイトを立ち上げ、この新しいビジネスをサポートするロジスティックスも展開する予定です。ECウェブサイトの初期段階では、主に末永みらいのグッズやスマートドールを取り扱います。また、同時に企画の一環として、世界中の小売店と関係を築き、彼らが商売繁盛に必要とする連絡先などを提供します。
  • 現在は末永みらいのオリジナルストーリーである「ミライミレニアム」をプロデュースしている真っ最中です。シナリオは数々の歴史的な名作を生み出してきた有名な日本のアニメ脚本家さんが手掛けますが、正式な契約が交わされるまでは発表できません ><
    ミライミレニアムのシナリオは13話で構成されるアニメシリーズとして書かれていますが、おそらく最初はライトノベルとしてリリースされます。
  • 以前のミライガイアはPHPで動いていて、毎秒800コネクション程しか対応しきれませんでしたが、RubyOnRails版となった現在では毎秒数百万ものコネクションに対応する事が出来、オンライン業務のスケールアウトが可能になりました。
  • インタラクティブロボットのスマートドールはまだ開発途中です。現在は外皮、アクセサリー、機械部分、ソフトウェア、大量生産のラインとサポートセンターの企画に取り組んでいる段階です。
    このインタラクティブなコンパニオンはAndroidデバイスで操作が出来、新しいメール、FacebookやTwitterの通知を知らせてくれます。新機能はGoogle Play経由でダウンロード出来るようになります。スマートドールの詳細はこちら

カルチャージャパンの長期的目標とは

  • 日本文化との出逢いが僕の人生を変えた理由の記事を読んで頂いた方は、日本文化がどれ程僕の人生にインパクトを与えたかを理解いただけたかと思います。日本文化との出逢いは他の人の場合も同じく、人生を変えてくれるものだと信じています。
  • 僕達は引き続きユーザー層を拡大する為に、世界中のプロデューサーと関係を築き、彼らがカルチャージャパンブランドの一員となり、ブランドを共有できるよう、ツールや人脈を提供するつもりです。
  • 僕は日本航空のコンピューターエンジニアを務めていた頃から、常に技術分野に身を置いてきました。日本航空の後はアマゾンのウェブサイトマネージャー、そしてマイクロソフトのプロダクトマネージャーを歴任しました。
    僕らは今後もミライガイアを開発しながら技術分野に身を置き、繋がりを拡大する為にモバイルアプリをサポートして参ります。
  • スマートドールには日常的に必要とする便利な情報(メール、ソーシャルメディアの通知)を提供する事で人々の暮らしを豊かにして、誰もが知っているインタラクティブなロボットのブランドへと成長して欲しいと考えています。
  • 僕は末永みらいが大好きなので彼女にも成功して欲しいと思っています。また、僕は彼女がグローバルブランドに育ち、更なるグローバルな展開の道が開くよう、海外の第一線で努力を重ねて来ました。紀伊国屋、Touch n Go、エアアジアへの展開はそのほんの一例です。
  • 現在はテレビ番組を2つ(カルチャージャパンとジャパンモード)を抱えていて、シーズンを増やし、放送されるエリアを拡大したいと思っています。
  • 僕の会社の一つの目標はこじんまりながらも、社員を沢山抱える企業と同等(もしくはそれ以上)のアウトプットを生み出せる俊敏で効率的な組織になる事です。
    この目標は社員の心身状態を注視しつつ、細かい事より影響力が大きい事柄を優先的に作業する事で実現します。
  • 全社員は個々のワークフローの改善点や、作業速度を早められるテクノロジーを自ら見出す事が求められます。僕達はより多くのお金を稼ぐ物だけではなく、より賢くなれる物事にも投資しています。
  • デス・スターを撃ち落としたのもたった一機のXウイングファイターだった事を思い出してみて下さい ^^
  • 僕が公表できる長期的目標はこのぐらいで、残りはサプライズです ^^;

何故カルチャージャパンなのか

カルチャージャパンブランドは日本政府に認められ、CNET、CNN、Daily Mail、BBC等を始めとした様々なオンライン/オフラインのグローバルなニュースTV番組で紹介されてきました。
僕達は世界各地のメディア媒体で常に幅広く取り上げられていて、これは製品のPRやカルチャージャパンのブランド認知度の向上に繋がっています。

皆さんのアイデアは即時に世界中の数百万もの消費者に影響を与えます。

カルチャージャパンでは同じ志を持った情熱的なチームと一緒に日本への愛を共有でき、その過程で日本文化を愛する世界各地の見ず知らずの人達と関わる事もできます。

各メンバーは会社の重要な役割を担い、意思決定の責任を託されます。僕達は前も、今も、そしてこれからも積極的に新しい事へ挑戦し続け、社員のクリエイティブなアイデアに耳を傾けてそれを実行します。

採用枠

納得の行く仕事内容でしたら下記採用情報でビビッとくる採用枠があるかチェックしてみて下さい。

マーケティングマネージャー (勤務地: 東京/正社員)

職務要件
  • マーケティングマネージャーはブランド認知力を向上させ、消費者/読者/視聴者の増加に繋がるアイデアを常に創出して実行に移し、客をつなぎ止める事が求められます。マーケティングマネージャーが実行するアイデアは即座に世界中にいる数百万ものオンライン/オフラインの消費者の目に留まります。
  • 会社の現在のコンテンツ公開手段、又は読者層の増加に繋がるソーシャルメディアプラットフォームの弱点や可能性を常に特定し、現ユーザーベースの興味を引き続けられる事が求められます。
  • マーケティングマネージャーはカルチャージャパンのマスコットキャラである末永みらいを管理し、彼女の活動やコラボ企画に関連するコンテンツの拡散方法を常に考え、実行に移す事が求められます。
  • 全てのマスコットキャラのブランド認知力向上の責任を持ち、既存、又は将来的なクライアントとのコラボ企画を検討し、実行に移す事が求められます。最近のコラボ企画では紀伊国屋、エアアジア、Touch n Go、Pixiv、ニトロプラスやグッドスマイルカンパニー等があります。
  • プレスリリースを作成/管理し、様々なメディア媒体の連絡窓口の役割を果たす事が求められます。この業務は高い影響力を持つメディア媒体の候補の調査/特定も含みます。
  • 国内外の雑誌インタビューやコラムのスケジュールとコンテンツの管理を行う事が求められます。
  • 他の提携サイトとのコンテンツシンジケーションの管理。
  • Twitter、Facebook、Pinterest、Tumbr、Weibo、Google+や他のSNSのコンテンツの管理。
  • 姉妹ウェブサイトであるfigure.fmdoll.fmの管理。
  • 映像プロデューサーと連携し、会社のテレビ番組の国内外でのライセンシングを管理。
  • コンテストと賞品の発送の管理。
  • マーケティングコンテンツのローカリゼーションを担う翻訳者と二人三脚で一緒に仕事をする。
  • この職は曖昧性と上手く付き合い、変化し続ける環境で働く柔軟性が求められます。
  • マーケティングマネージャーのKPIは会社のウェブプロパティ、ソーシャルメディアネットワークやテレビ視聴者等といったブランド消費者の継続的な成長であり、これはソーシャルメディアネットワークでモニターします。
必要スキル
  • TwitterやFacebookの予約投稿サービスやニュースレターのツール等といったコンテンツ拡散を自動化させるツールに精通している。マーケティングに利用できる現在利用可能、又は有望なソーシャルネットワークプラットフォームに対して常にアンテナを張り巡らしている。
  • Facebook、Twitter、Instagram等の様々なソーシャルメディアサービスに精通し、普段から使用している。
  • 中国のWeiboや台湾のPlurk等、海外のソーシャルメディアサービスとそれらの強みを理解している。
  • Google Docs、iCloud、Gmail、Monosnap等の様々なクラウドサービスに精通している。
  • フォトショップの専門家である必要はないが、モックアップを作成できる程度の基礎的なグラフィックスキルは必要とされます。
  • 日本語能力試験2級、または同等の日本語力を有している。
  • 英語は日常会話レベル。
  • 上記の必要なスキルは全て持っていなくても応募してください!
この職に興味が湧いた場合
  • Mirai株式会社で働き始め、勤務一週間目に他のスタッフが全員拉致されて、机に上記の職務要件のみが置かれたシチュエーションを想像してみて下さい。質問に答えてくれる人は誰一人おらず、そのまま与えられたミッションを遂行しなければなりません。
    力になってくれるのはグーグル先生とご自身のカルチャージャパンブランドの知識のみです。
    この状況を踏まえ、あなたがカルチャージャパンブランドを1ヶ月後、5ヶ月後、1年後にどこへ導きたいかについて提案書を作成して下さい。
  • 提案書には主張を支えるモックアップ、動画や画像も添えて下さい。
    提案書の長さはご自身の想像力次第です。マーケティングマネージャーはアイデアを視覚的に表現できなくてはならないので、単なる大量の文章は送らないで下さい。超傑作級の提案書は求めていませんのでmonosnapでも十分です。
  • スマートドールが2013年12月25日に予約開始するという旨のプレスリリースを英語で書いて下さい。
  • カルチャージャパンブランドの次なる展開候補地はヨーロッパかラテンアメリカか、どの地域で行われるべきか根拠となる情報も含めて説明して下さい。
  • Keynote、Powerpoint、Word、又はGoogle docsを使い、ネット上のプライベートな場所にアップロードし、までお送り頂き、共有して下さい。
  • このテストでは正解/不正解はありません。全てはご自身の独創力とリサーチ能力次第です。
  • 誤字/脱字の確認は忘れずに!
  • この職では曖昧性と上手く付き合う必要があるので、本テストに関する質問は一切受け付けていません。目標をきちんと把握さえしていれば、課題をこなすのに十分以上の筈です。
  • 応募書類にはご自身のスキルの要点を抑えたレジュメも一緒に添えて下さい。記載内容はお任せします。
  • また、ご自身がどのように日本文化と出逢い、何故日本で働きたいという思いに至ったかについて日本語で説明して下さい。文章の長さはお任せします。既に日本に住んでいる方は、代わりに日本に辿り着いた経緯について説明して下さい。
  • 日本の方の場合はなぜカルチャージャパンで働きたいのかを英文で書いてください。

映像プロデューサー (勤務地: 東京/正社員)

職務要件
  • この職の主な業務は地上波/ケーブル/ネット配信番組に使われるテレビ放送用の素材を含む、カルチャージャパンブランドの映像資産を作り出し、管理する事です。僕達が現在抱えているテレビ番組はカルチャージャパンジャパンモードの2つです。近々始動するネットプログラムには東京ティータイムやカルチャージャパンネットワークTV等があります。
  • プロフェッショナルな映像/音響/照明機材を使い、プロフェッショナルな映像素材を作り出した経験を有している。
  • 映像プロデューサーは日本国内と世界中のテレビ局と連絡を取り合い、映像がテープ/HDD/又はAsperaのような転送システムを介し、確実に時間/仕様通りに送られるよう見届ける必要があります。
  • 撮影ロケ地の責任者、声優事務所、アニメスタジオと連絡を取り合う事ができる。
  • 外部のカメラ、音響、照明、メイクのスタッフと連絡を取り合う事ができる。
必要スキル
  • 映像プロデューサーはプロフェッショナルな映像/音響機器に精通し、扱えなければなりません。
  • 様々な放送規格(映像/音響)に精通し、ドロップフレーム、音量レベル、照明の周波数、シャッタースピード等を理解していなければなりません。
  • メイン、Bロール、インサートやテキストの編集について経験豊であること。
  • 日本での映像編集の業界スタンダードはMacなので、Mac、Final Cut Pro 7とXを自在に扱えなくてはなりません。
  • 日本語能力試験2級、またはそれ以上が必要とされます。
  • 英語の会話を編集できる程の英語力が必要とされます。
  • 映像プロデューサー職は映像機器の取り扱いのみならず、高い目的意識も要されます。例えば、編集にはどのような映像を撮る必要があるか、現在の脚本で視聴者は混乱せずに見続けられるのか、さっき声優が店内で拾った物体のBロールはきちんと撮影されているか、店の表のティルトダウンは撮ってあるか、等と言った事柄を意識しなければなりません。
  • 上記の必要なスキルは全て持っていなくても応募してください!
この職に興味が湧いた場合
  • 先ずはculturejapan.tvに行き、カルチャージャパン第2期を全話ダウンロードして下さい。
  • 全話で最も興味深いと思ったシーンを使い、1分版と5分版のトレーラー映像を作ってみて下さい。完了しましたら、レンダリングしたファイルを好きな場所にアップしてリンク先をまで送って下さい。
  • 提出書類には以前ご自身で作成/編集された映像へのリンク、及び、精通している映像編集ツールの一覧も記載して下さい。
  • また、ご自身のスキルの要点を抑えたレジュメも一緒に添えて下さい。
  • また、ご自身がどのように日本文化と出逢い、何故日本で働きたいという思いに至ったかについて日本語で説明して下さい。文章の長さはお任せします。既に日本に住んでいる方は、代わりに日本に辿り着いた経緯について説明して下さい。
  • 日本の方の場合はなぜカルチャージャパンで働きたいのかを英文で書いてください。

イベント&リテールマネージャー (勤務地: 東京/正社員)

職務要件
  • イベント&リテールマネージャー(ERM)の主な業務は商品制作とカルチャージャパンブランドのPRに繋がるイベントの企画/管理や末永みらいグッズの販売です。
  • 開催イベントにはカルチャージャパンナイト、カルチャージャパンコンベンションやアニメエキスポ/アニメフェスティバルアジア等の世界各地で開催されているイベントで企画する出展ブース等を含みます。
  • ERMはスポンサー、タレント事務所、税関、建設会社、出版会社等を含むイベントの企画に携わる全てのパーティと連絡を取り合う必要があります。
  • ERMは世界中へ月に数回、長期間に及ぶ出張に赴く事が求められます。
  • 各地で出展するブースの展開を監督しつつ、小売店や他の現地の業者と関係を築く必要があります。
  • 日本国内外の小売店と連携し、会社の商品の最新情報が確実に行き渡るよう努める事が求められます。
  • 自社商品の国内外での流通におけるロジスティクスを管理します。
  • POPとプロモーション素材(ステッカー、ターポリン製バナー、痛車、etc)を管理します。
  • 近々導入予定のカルチャージャパンストアを使い、在庫を管理します。
  • 近々導入予定の世界のアニメ小売店名簿(World Wide Anime Retail Store Directory)を監督します。
必要スキル
  • ブースとホールのレイアウトのデザイン/レンダリングに使うSketchUpを巧みに扱える必要があります。SketchUpは無料ソフトで、触った事が無い人でも10分間で使い方が分かります。
  • フォトショップとイラストレータースキルはあった方が望ましいですが、必要条件ではありません。
  • 日本国内の様々な団体にアイデアを伝えたり、説明する為には日本語能力試験3級かそれ以上の日本語力が必要になります。
  • 複数のイベントを同時に管理できる優れた組織運営力。
  • ビジネスレベルの英語が出来る。
この職に興味が湧いた場合
  • リンク先の近々開催されるイベントをご覧下さい> http://note.io/14k18PD
    矢印は入り口から入ってくる人の流れを示しています。僕達のブースは赤い四角形の枠に囲まれた場所で、スペースの寸法は6メートルx6メートルです。
    ブース内ではもえかな、もえ漢字、もえかなTシャツ4種、みらいポスター8種とスマートドール1種を販売します。
    また、スマートドールのCMを流す大型スクリーンも用意する予定です。
  • 上記の条件を満たす形でSketchUpを使い、ブースをデザインして下さい。本テストでは予算を考慮する必要はありません。
  • 人の流れを意識し、ブースの向きもSketchUpの投稿にはっきりと記載して下さい。
  • ブースの様々なアングルからの外観をレンダリングし、画像をSketchUpファイルと一緒にzipに纏めて下さい。作業が完了しましたら次のテストに進んで下さい。
  • 本テストでは在庫管理スキルも見極めたいので、ECシステム導入前の状況を想定し、この会社の在庫の管理に使うGoogleドキュメントのスプレッドシートを作成して下さい:-
    • もえかな 7000 カートン (1カートンにつき36パック)
    • もえ漢字 15000 カートン (1カートンにつき40パック)
    • スマートドール (600体)
    • もえかなTシャツ (2000枚)
    • みらいミニケース (1000個)
  • 作成したGoogleドキュメントは宛にシェアして下さい。
  • 最終テストではグーグル先生を上手く扱えるかを見極めたいので、2014年にこの会社が参加するべきだと思う日本/アニメ関連のイベントを特定して下さい。また、僕がこれらのイベントに参加すべきかどうかを決める上で必要となる情報を全てリストアップして下さい。記載する情報はお任せします。
  • 資料は全てに送って下さい。
  • 応募書類にはご自身のスキルの要点を抑えたレジュメも一緒に添えて下さい。記載内容はお任せします。
  • また、ご自身がどのように日本文化と出逢い、何故日本で働きたいという思いに至ったかについて日本語で説明して下さい。文章の長さはお任せします。既に日本に住んでいる方は、代わりに日本に辿り着いた経緯について説明して下さい。
  • 日本の方の場合はなぜカルチャージャパンで働きたいのかを英文で書いてください。

グラフィックデザイナー (勤務地: 東京/正社員)

職務要件
  • グラフィックデザイナーはウェブ、商品、自動車、出版物、イベント、モバイルアプリ、アニメや映像制作等を含むカルチャージャパンブランドのグラフィックデザイン業務を全面的に担当します。
  • グラフィックデザイナーは3Dの原型制作、社内の3Dプリンターで出力する試作品のデータの用意等、機械工学に関連する業務も担当します。
  • これから展開するミライミレニアムシリーズや他の物語のコンセプトアートの作成。
必要スキル
  • 2Dソフトウェア = Sai、Photoshop、Illustrator、Fireworks
  • 3Dソフトウェア = 3D Max、Lightwave、Zbrush (これらのどちらか)
  • CADソフトウェア = SolidWorks、AutoCAD (これらのどちらか)
  • 映像ソフトウェア = Adobe Premiere、After Effects
  • 日本のフォントで作業する能力も必要です。
  • 3D原型制作と3D MaxやSolidWorks等 (もしくは同等の)のCADツールの仕組みを理解している。
  • 3D出力のテクニックに精通していて、Netfabb等のツールを使い、出力用のデータを用意できる。
  • 日本語能力試験4級、もしくはそれ以上の日本語力。
  • オフィス内のスタッフとの日常会話に困らない程度の英語力。
  • ディテールの細部まで細心の注意を払う気力。例えズレが1ピクセルだったとしても手ぬるいと判断します。
  • この職への応募にはPixivかDevianartの何れかのサイトにオンラインポートフォリオが必要となります。
  • 上記の必要なスキルは全て持っていなくても応募してください!
この職に興味が湧いた場合
  • ご自身の2D/3D作品集が載っているオンラインポートフォリオへのリンクをまで送って下さい。
  • PSDファイルにあるどの素材を選んでも構いませんので「末永みらいコンサート」用のポスターを作成してみて下さい。それが済みましたら、この写真このポスターを出来上がったみらいポスターに置き換えて下さい。なるべく違和感が無く、現実的に見えるよう、様々な照明条件を考慮した上で加工して下さい。
  • ご自身が手掛けた末永みらいの作品(2D/3Dやその両方でも可)も応募書類と一緒に提出して下さい。制服のタイプはどれでも構いません。
  • お好きな3Dソフトウェアでレトロキューを作成してみて下さい。透過PNGファイルをレンダリングし、レトロキューのOBJファイルと一緒に提出して下さい。
  • 応募書類にはご自身のスキルの要点を抑えたレジュメも一緒に添えて下さい。記載内容はお任せします。
  • また、ご自身がどのように日本文化と出逢い、何故日本で働きたいという思いに至ったかについて日本語で説明して下さい。文章の長さはお任せします。既に日本に住んでいる方は、代わりに日本に辿り着いた経緯について説明して下さい。
  • 日本の方の場合はなぜカルチャージャパンで働きたいのかを英文で書いてください。

応募書類提出後について

合格者には応募から一週間以内にSkype経由でビデオ面接のご連絡をさし上げます。普段から沢山の方からご応募頂いているので、残念ですがご連絡は合格者のみとさせて頂いています。
採用枠は全て緊急募集ですが、勿論、前職の仕事の残りが片付くまでお待ちする事も可能です。
期限は設けておりませんが、応募書類が届き始めましたら有望な人材から連絡を始めますので、興味がありましたら出来るだけ早く応募する事をオススメします。
採用されなかった応募者の方のアイデアや作品が不正に使用されたりする心配はありません。そもそも使用するのに値する程のアイデアであれば、その人は採用されています ^^;

その他の詳細情報

  • 途中からカルチャージャパンの職場に向いていないと感じられる内定者が現れるかもしれませんので、当社では3ヶ月間の試用期間を設けています。海外の方は先ずはそのまま現地で3ヶ月間の試用期間を過ごして頂き、上手く行くようでしたら日本に招き入れて常駐して頂きます。
  • 人種、性別、年齢、ハンディキャップの有無は一切関係ありません。条件を満たしている方であればどなたでも歓迎致します。また、この会社では一般的な日本企業とは異なり、応募書類には証明写真は必要でありません。
  • 条件を満たしていても住まいが海外だという方はビザをスポンサー致します。また、日本にお越し頂く際の航空券の代金はこちら側で負担し、1ヶ月分の給料を前払いさせて頂きます。
  • 給料はSkypeでの連絡で相談させて頂きます。
  • 必要なソフトウェアのスキルを幾つか満たしていない方でも、仕事しながら身に付くと思いますので、応募する事をオススメします。
  • 全ての条件を満たしていない方でも、今からスキルを身につけてテストをこなせるようでしたら、それこそ学習能力とソフトウェアを使いこなす能力のアピールになりますので問題ありません。
  • 日本語が弱点だという方もテストで優れた成績を残せる自信がありましたら、応募をお願いします。日本語力は大切ですが、その他の能力も考慮致します。英語能力も同様です!

応募をオススメできない人

  • 「スキルは持っていませんが、覚えが良くて、意欲もあります。」等としか書いていない応募は完全にスルーします。もし本当に意欲があり、物覚えが良い人材であれば、テストをどうクリアするかグーグル先生に相談し、それを実行に移せる筈です。
  • 僕は部下を細かいところまで指示/管理するのが大っ嫌いなので、それを必要とする人達は雇っていません ^^;
    入社後はすぐさま走り出し、事業を切り盛りする役目を担ってもらわなければなりません。僕達のチームは少数精鋭なので、業界や様々な商品の制作方法について学ぶ機会がありますが、少数故に社員を手取り足取り教育し、世話する事は残念ながらできません。
    全てのタスクにおいて親切丁寧な指示を必要とする人達にはこの職は向いていません。
  • 社員はカルチャージャパンのペースが早く、絶えず変化している環境に順応する必要があります。変化を嫌い、心地が良い安全地帯を好むような人達にとっては居心地が悪く感じるかもしれません。

仕事文化

以前、アマゾンの人材マネージャーを務めていた頃にパイチャート(円グラフ)を書いてスタッフに紹介した事があり、スタッフの間では「ダニーのパイ」(早口で言うと「ダニーのおっぱい」)と呼ばれるようになりました。

パイは8時間ずつ、三分割されています。最初の8時間を仕事に費やし、もう8時間を睡眠に回したと仮定すればパイの一切れである8時間が残る事になります。そこから残った一切れを更に細かく切り分けます。
残りの8時間は衛生管理、栄養摂取、"健康"管理(とっても大事)、掃除、通勤等に費やされ、どれも生活する上では重要な事柄ですが、基本的にキャリアや自己啓発に貢献するものではありません。

パイの最後の一切れから上記のタスクを引くと一日に残る自由時間はたったの約4時間になり、これは友人/恋人との交流、娯楽、気晴らし、自己啓発(新しい物事の勉強、現在持っているスキルの鍛錬、研究etc)に当てなくてはなりません。
個人的には自己啓発に時間を設ける事は従業員の人生/キャリアライフ/幸福感の発展には必要不可欠なものだと考えています。

僕達の会社はまだスタートアップ状態なので締め切りに間に合わせる為、数時間残業をする日が出てくるかもしれませんが、基本的には翌日も万全の状態で出勤できるよう社員を早く家に帰らせています。

このビジネスが限られたリソースでここまで成長できたのも、社員に終電時間まで働く事を要求せず、決められた時間枠の中で出来る事に集中してきた賜物だと考えています。

この会社では小さな事柄を犠牲にし、より影響力の大きい物に優先的に取り組んでいます。

グーグル先生って一体何の事?

上記のスキルを持っていなくても、学ぶのに遅過ぎるという事はありません。目指している採用枠にもよりますが、グーグル先生に聞けば全てのスキルを手にする事も出来ます。

上の写真で僕と一緒に写っているのはシンガポール出身のライナスです。彼と初めて会ったのは少し前開催されたカルチャージャパンナイトでした。彼は自分で手掛けた作品が入っていたノートパソコンを片手に僕の後を付いて来て、インターンシップに興味があるという話を持ち掛けました。
当時、彼が見せてくれたグラフィック作品は良い線を行っていて、ずば抜けたという程ではありませんでしたが、常に僕の後を付いてくる粘り強さには感服しました!
後に互いの名刺を交換し、彼は次にイラストレーターで作成したみらいちゃんのイラストを僕の方に送ってくれました。僕は作品のベクターアートのクオリティの高さに感心し、彼とSkypeで連絡を取り合いました。

ライナスは独学を通して日本語もかなり話せましたが、僕が求めていた基準には達していませんでした。とはいえ、彼は賢そうな人材だったので時間を投資し、教育する事にしました。正確に言えば、僕は彼が自分自身を鍛えるよう単に手引きをしただけです。

僕は次から次へとテストを課しましたが、彼はそれらに合格するのみならず、それ以上の働きぶりを見せてくれました。

最初のテストはHTMLとCSS3の勉強で、彼はこの課題を3日間で終わらせました。彼にはウェブサイトのモックアップ(平面の画像)とW3 Schoolsへのリンクを渡し、ダゴバ星に住んでいるグーグル先生の話について触れました。
僕のネット/グラフィックスキルは全てグーグル先生から教わったものなので、ライナスも同じように学んでくれるという確信がありました。

ライナスは3日間でテーブルタグを使わずにCSSのみでモックアップを作り、ついでにJQueryも学び、課題にはなかった回転式スライドショーも取り付けてみせました。

第2のテストはFinal Cut Pro Xを使った映像編集でした。彼には動画を幾つか送り、再びグーグル先生と相談するよう話しました。
彼は僕と同じく、Final Cut Proに関する事前知識は全く無かったのにも関わらず、必要な情報を全て身に付ける事ができました。これもただ単にFinal Cut Pro X Tutorialと検索を掛けるだけです。

最終テストはMacにサーバーをセットアップし、僕が日本からでもアクセスできるようポートを開放する課題を出しました。ライナスはこれに関しても全く事前知識はありませんでしたが、グーグル先生に聞くだけで一晩でこなしました。

ライナスは3ヶ月間のインターンシップを経て、後にシンガポール事務所で正社員として働くようになりました。

ライナスは当社に勤め始めてから今月で一年半目になり、21歳にして最高執行責任者に昇進し、9月から東京で働いている僕達と合流します。

どうして無報酬でこれらの課題を受ける必要があるのか?

本テストは何も強制している訳ではないので、受ける必要はありません。でも、正直のところ、どんな些細な事にもお金という対価を求めるような人生を送って来た人達は墓穴を掘ったも同然です。
以下では僕がこれまで無報酬でやってきた仕事と、それが僕をどこに導いてくれたかについてお話ししています。

僕がどうやって日本に辿り着いたのか

僕が大学卒業後にロンドンで就いた初めて仕事は日本の会社である日本航空だったので満足できる職場でした。おまけにスタッフの何人かは日本人だったので、沢山日本語を話す機会もありました。
とはいえ、僕は未だに日本に辿り着けずにいたので、日出づる国に住み、働くというジャパニーズ・ドリームは決して忘れられませんでした。

僕はそれからネットで仕事を探し始めるようになり、Peoples Firstという求人サイトで目を引く求人広告を発見。仕事は東京に拠点を置き、内容は「東南アジアでのウェブマーケティング。日本語/中国語に堪能でインターネットができるネイティブの英語話者求む」というものでした。

僕はインターネットなら少しできる!と思い立ち、すぐさまその仕事に応募しました。僕はワクワクしながら帰宅し、妻に日本に引っ越す事になった旨を報告すると笑みを浮かべてくれました ^^

数日後、応募先から面接の連絡が届き、面接官は当時面接を行う為にイギリスを訪れていたネイチャージャパンジェネラルマネージャーのデイビッド・スウィンバンクスになるというお知らせがありました。彼との一時間に及ぶ面接では日本語の科学記事を読むという課題も含まれていました ^^;
ネイチャージャパンは韓国でもマーケットを広げていた為、韓国語は業務上便利だったらしく、デイビッドは韓国語も話せる人材が見つかるとは思っていなかったようです。

一次面接終了後は帰宅し、上の画像のような「ネイチャー韓国」のウェブサイトの簡単なモックアップを夜通しで作成しました。当時、ネイチャーには韓国版のサイトがなく、僕が面接中に韓国向けのサイトの戦略的重要性について触れたのが事の発端でした。作成したモックアップはフロッピーに保存してスクリーンショットを印刷し、デイビッドが泊まっているホテルを人材紹介会社を通して探り当て、資料を彼の部屋のドアの下から差し出しました。

その晩、人材紹介会社からデイビッドがもう一度僕と会いたいという一報が入り、彼が僕の届けものに喜んで頂けた事が分かりました。デイビッドと再び合うと、今度は東京にあるネイチャージャパン本社に一週間に及ぶ面接と試験を受けに来てくれと言われました。また、現段階では航空運賃と宿泊代を出すだけで、採用が保証された訳ではないとも言ってました。後は自分の力で乗り切るしかありませんでした。

僕は東京に向かい、市ヶ谷にあったネイチャーの事務所に一週間通い続けました。事務所では今迄経験した事のない売り上げ予測を立てる課題が出され、理にかなったアルゴリズムを考え出す必要がありました。僕はエクセルを使い、前年度のデータに基づいた売り上げ予測を立てましたが、外的要因は考慮しませんでした。
季節等の要因がどのように売り上げに影響を与えるか分からなかった為、予測は外れましたが、僕は数字を弾き出す為に最善の努力は尽くしました。

しかし幸いな事に、デイビッドは「既に出来る」人よりもむしろ挑戦する意欲のある人を探していたそうです。
ちなみに大学では中々学ぶ事が出来ない科学論文の翻訳作業などもやらせて頂いてました ^^;

試験と面接が詰まった一週間も漸く終わりが訪れ、僕がデイビッドの椅子に座ると彼は「東京に来てくれてありがとう。君がイギリスに帰ったあとに結果を伝えるよ。」と声を掛けてくれました。
すると僕はこの先12時間、飛行機の中で返答内容を心配する自分の姿を想像し、デイビッドに「採用の可否を心配するあまり、手足の指を全部噛み千切ってしまいそうです。可能であればイギリスに戻る前に結果を教えて頂けると嬉しいです ^^;」と打ち解けました。
デイビッドは笑い、週明けに電話すると言い残しました。

僕はホテルに戻ると、ストレスに苛まれましたが、やれる事は全てやったという事だけは確かでした。こういうチャンスのために僕は2-3年前から日本語だけではなく、パソコン技術も勉強し、巡って来たこの機会を使ってベストを尽くしました。僕はどうしても、なにが何でも日本にいなければいけなかったのです。

その夜、そうしているうちに僕は泣き崩れながら眠りにつきました ^^;

そして、雨が降っていた翌日の日曜の朝、ホテルの電話が鳴りました。デイビッドでした。

その電話の結果を受けて、僕と妻は1999年7月に荷物をまとめて日本行きの片道航空券を受け取りました。

もし僕がどんな些細な事にもお金という対価を求めるような考え方をしていれば、ネイチャーの韓国版サイトのモックアップを作る事なんてありえませんでした。

東京で試験を受けていた一週間の分の給料は出ませんでしたが、自分の力を証明出来た機会はプライスレスだったので気にしませんでした。

会社生活への足掛かり

ネイチャーに勤務し、暫く経つ頃には新しい可能性を見出し始めるようになり、日本のJob Dragonという人材紹介会社に出逢いました。面接中にはCTOのニックさんが登場し、僕が彼らの元で働けるかどうかについて話し合いました。そして会話の中で僕はジョブドラゴンに携帯サイトがあればサービス利用者が増加すると提案しました。

1999年から2001年の間は貯金に専念するべく、携帯電話を買わないよう妻と決めていました。しかし僕としてはJob Dragonのモバイルサイトを作り、彼らに僕が仕事ができる事を説得したかったので携帯2台を投資として購入に踏み切りました。当時作ったJob Dragonのモバイルサイトのスクリーンショットはありませんが、丁度同時期に作ったdannychoo.comのモバイル版はこんな感じでした。

ニックさんは僕が作ったJob Dragonのモバイルサイトを気に入って頂けましたが、ネットで更なるテストを受けるまでは納得しませんでした。彼はHTMLとDreamweaverのテストが受けられるサイトのリンクを送り、僕はどちらのテストにも合格し、晴れてジョブドラゴンのコンテンツプロデューサーとして正式に採用されました。僕が後程会社生活を送り、アマゾンのウェブサイトマネージャーやマイクロソフトのプロダクトマネージャーとして役目を担うようになったのも、この足掛かりがあったおかげです。

どんな些細な事にもお金という対価を求めるような考え方をしていれば、Job Dragonのモバイルサイトのモックアップを作り、試験を無報酬で受けようとは思いもしなかった筈です。しかし、これも同じく自分の力を証明出来るプライスレスな機会だったので気にしませんでした。

カルチャージャパンで働く事で受けられる恩恵とは

僕達の仕事は日本文化を世界とシェアする事が関わって来るので頻繁に出張に赴きます。その際は会社が航空券と宿泊費を負担するのは勿論の事、イベントの後は数日間現地の異文化を楽しんだり、読者や視聴者達と交流できる時間も設けています。出張の用事が住んだら直ぐさま戻って仕事を再開する事を求める他の多くの企業とは対照的です。

机周りが自由にアレンジできる

フィギュアやドールを職場の机に飾り辛かった人達には朗報です。
カルチャージャパンではガラスデスクに何を飾っても構いません。エッチなフィギュアもOKです ^^

フィギュア、ドール、グッズ、衣服、ガジェットが無料でGETできる

オフィスには大量のサンプル品が届き、時に身動きも取れなくなってしまう程なのでご自由に選んで下さい ^^;

Macと機材

仕事内容にもよりますが、社員にはMacBook Air、MacBook Pro、iMacかMacProが支給されます。

僕達はテレビ関連やクリエイティブな業務が多く、業界スタンダードはMacです。
Macでは自分たちでもMac OSのコンフィグを複製し、どのMacに復元しても問題なく動いてくれます。Macは使い易く、専門のIT技術屋も必要としないので節約に繋がっています。

僕達は長年に渡り、Macのソフトウェアのライブラリを充実させてきました。また、Macでより早く作業できるようプロセスを自動化する手段も豊富にあります。

唯一の例外は3D Studio Max等のWindows専用ソフトを使わなくてはいけないグラフィックアーティストです。

また、仕事で必要になる道具なら何でも用意致します。

フレキシブルな就業時間

以前はメール、Skypeやmonosnapを使い、在宅ワーカーで効率的に事業を運営できると思っていました。しかし実際はルーマニア、フィリピン、南アフリカ、マレーシア、シンガポール、イギリス等にいるスタッフ達と連絡を取り合うのに一日の90%が費やされるという自体が発生しました。

現在はより大きい事務所を構え、東京都内でスタッフを増やす予定です。こうする事でより上手く、一対一でアイデアや感情をお互いに伝える事ができる筈です。

チームと一緒にコミュニケーションを取り合う為にも一定時間はオフィスに居てもらわなくてはなりませんが、一番重要なのは成果を出す事です。それが出来てさえいれば仕事中に私用等でどこかに出掛けても構いません。

ビデオゲーム

僕が日本と出逢えたのはゲームのおかげです!オフィスに設置できそうなアーケードゲーム筐体を探していますが、一先ずはストリートファイターで誰かをキックしたり、アクスレイで何かを打ち抜いたりして気分転換でもしてもらえばと思っています。

パワーナップ

誰でも突然の睡魔は襲って来ます。僕としてはスタッフには机で起きているフリをするより、パワーナップを取る事の方が望ましいと考えています。
オフィスにはみらいちゃんの抱き枕もあるので、すぐに寝付けます。

メーカーと一緒に働ける

日本ポップカルチャーを楽しんだ方なら沢山のアニメを視聴し、マンガを読み、大量のフィギュアやドールを購入されたかと思います。当社ではそれらのコンテンツを生み出した人達がクライアントやパートナーだったりするので、彼らと一緒に働く機会もあります。

末永みらい

みらいちゃんは僕の最大のモチベーションなので上手くやって欲しいと思っています。皆さんにも同じ志があれば、彼女のキャリアの成功の一役を担う事ができます。

例え今回興味が湧く採用枠がなかったとしても、今後も勤め口を増やすのでチェックを怠らないように!
経験豊かなRubyOnRailsやAndroidの開発者の採用にも興味がありますが、上記の4つの職種よりは優先順位が低めなので今回は条件を記載しませんでした。

これらの職に興味を持ちそうな知り合いがいましたら是非彼らともシェアして下さい!

とりあえずはざっとこんな感じです!皆さんと一緒にたくさん働いて、たくさん遊び、面白い物を作って歴史を変えるのを楽しみにしています!