千畳敷カール

POSTED BY DANNY CHOO On 月 2013/09/30 16:22 JST in 見所

北、中央、南アルプスの3つの山脈からなる日本アルプス。僕達一行は氷河により2万年もの長い歳月を掛けて作られた中央アルプス千畳敷カールを訪れる為、数日間長野県に行ってきました!

名前に含まれる「千畳敷」の漢字カールの広大さをよく表しています。

東京から千畳敷カールへ車で移動する場合は西に向かって片道250km。
カーナビには以下の住所を打ち込めばセット完了です。
長野県駒ヶ根市赤穂759-489

交通機関で訪れる場合はこのページをチェック。駒ケ岳ロープウェイへのアクセスが記載されています。

東京もだいぶ涼しくなりましたが、喧噪な街並から一旦離れて、こうやって時折日本の自然を堪能するのも良いリフレッシュメントになりますね!

本記事では長野県への旅と東京への帰路をカバーします。

妻が運転している間に、僕は出来るだけ時間を捻出してお仕事。画面に映っているのは現在開発中のプロジェクトです。

彼女の事ですね。

諏訪湖のサービスエリアで一旦休憩。

日本の比較的大きなサービスエリアは、食べ物、お土産、旅行に便利なグッズ等が揃っていて中々面白い場所です。日本のサービスエリアについてはこちらの記事で詳しく綴りました。

サービスエリアに置いてあるお土産類は殆どの場合その地域限定の品で、地元の畑/牧場で採れた食材が使われています。

娘達に合う1/3スケールの玩具がないか、ガシャポンは欠かさずチェック。ただ、こういうものは実際買ってみないと分かりませんね。ドールには大き過ぎたり、小さ過ぎたりと、失敗する事も多々あります ><

長野県にも萌えマスコットキャラがいるのですね。

各キャラの萌えグッズも沢山あります。

目的地に向かう最中に、小屋で調理する食材をスーパーでGET。

食物の見栄えは日本ではとても重要。ラップ済みの野菜は日本でしか見掛けませんね。写真に写っているのはアメリカ産ではありますが。

若い頃はキウイも好きだったのですが、加齢によって味覚が変化した為か、今は凄くすっぱく感じます ToT

本日の収穫。

バンダイの不二子入浴剤など。

遅めの昼食。

お気に入りのラーメンはシンプルな塩味。

約5人程入れる小屋に到着。料金は一泊1万9000円で、一晩泊まるのに必要な物は全て揃っています。

小屋の住所は:
〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂 23-170
電話番号: 0265-83-7227
予約を先に取って、現地で料金を払いたい場合はこちらにお問い合わせするといいです。

鍋、フライパン、皿、コップ、炊飯器、電子レンジ等が揃っているキッチン。

小屋の中央リビング。はしごを登ると...

布団が置かれた2階の寝室に到着。布団は全部で5枚あり、枕や掛け布団もありました。

2階からの眺めはこんな感じ。

その晩は温泉へ。Xperia Z1は防水性ではありますが、わざわざお湯の中で使えるかどうかを試したくはなかったので、中では写真は撮りませんでした ^^;
それに素っ裸な男性を見たい人なんていませんよね?

日本では温泉に浸かった後は牛乳が定番なので、付近には大抵牛乳瓶の入った自販機があります。

翌朝 - 僕らの小屋からの眺めはこんな感じ。

みらいちゃんが写真を撮って欲しそうだったのでパシャリ ^^

みらいちゃんのアパレル品はドールお針子Chunさんに仕立てて頂いていて、彼女の作品は素晴らしいの一言。
現在、僕らのチームと一緒にお仕事をして下さるお針子さん募集中です。
同クオリティのパターンや裁縫が出来るという方はjobs at mirai dot fmまでご連絡下さい。

みらいちゃんの新しいリラックマリュックサック ^^; 1/3スケールドールならピッタリです。
欲しいという場合はアマゾンにて1170円でGETできます。

最初に開発したのがみらいちゃんの外皮。そして今度は内部骨格2種(ロボット版とスタンダードフレーム版)に着手しているところです。

彼女に使っているフレームはまだ貧弱な試作版なので、移植手術を待つ親のような心境です ;-;

現在は定期的な近況報告もままならない程、ドール製作に全力投球していて、プロジェクトマネージャーがいない為、僕がデザイン、原型、製造、物流など、何から何まで全て目を通さなければならないのが現状です。

スタンダードフレーム版(ロボットではない方)は近日発売予定ですが、まだ名前が決まっていません。"Not-So-Smart-Doll"(スマートじゃないドール)は商品としてはちょっと微妙ですね ^^

Facebookで問い掛けてみたところ、以下のようなネーミングが上がりました:-

  • Vanilla Mirai
  • Baka Doll
  • Classic Frame
  • Mirai fail exam paper ver.
  • Mirai Doll
  • Mirai doll budget under control version.
  • Fap Doll

アルミ缶自販機もあれば、こうやってコップの中に直接飲み物を混ぜて注いでくれるタイプもあります。

チェックアウトを済ませ、長野の田んぼを通り越しながら探検中。

レンタカーさえあれば、思うように辺りを観光できるので、機会があればオススメします。
外人の読者の多くから車を借りる事が出来たという報告が上がっているので、参考用にコメント欄にて皆さんのレンタル体験を共有して下さい。

9下旬になれば日本もかなり涼しくなります。長野では、日向に出ると暑いものの、日陰に入れば涼しくなり、山まで行けば寒い程です。

ボスっぽいポーズで撮ってみたり。

この仕事の最大の魅力は、このウェブサイトとテレビ番組を通して世界中の人達と知り合い、交流できるところですね ;-;

ここら辺の家は僕が住んでいる東京エリアのおよそ1/3の価格。おまけに広さは3倍です ^^

スナックを求めてコンビニへ。何かめぼしい物あります?

先ずは車を駐車して、バスに30分程乗り、駒ヶ岳ロープウェイで日本で最も標高の高い千畳敷駅まで行きます。
時刻表と値段はこちら

上は滑るので要注意。

千畳敷駅まで辿り着けば、雲の上に広がる絶景が待ち構えてくれます。

日によっては雲があたりをすり抜ける事もあります。

当日は幸い、雲がまばらだったので、景色と雲を両方とも楽しめました。
あたり一面雲で覆われている日に訪れた人達によれば、視界はせいぜい足元までだそうです ^^

日本帰国後、髪の毛を切りに行ったのですが、ボウルカットになってしまいました ><
マレーシアとシンガポールに再び訪れる今月末頃には元に戻る筈。

僕のボウルカットがあの人達にも見られた模様。

頂上は海抜2000m。ここからはケーブルカーもなく、歩くのみ。

中央アルプスのウェブサイトではここら辺の季節ごとの景色が紹介されています。

ハイキング地点へ移動中。

千畳敷カールは英語で「Senjojiki Cirque」と呼ばれています。

写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、頂上への道程は結構険しかったですね。休憩を入れつつ登ったらトータルで2時間(?)程掛かりました。

パシャリ。

ハイキングコースは冬もやっていますが、行かれる場合はちゃんとした装備を整えること。

カールには猿がわんさか。中には人間から食べ物を横取りしたり、道端に糞を残すのもいれば、運次第ではそれを投げつけてくる猿にも遭遇できるかもしれない。

どれ程険しいハイキングプランになるのか分からなかったので、僕らは登山靴無しで挑戦。ただ、頂上まで辿り着く事自体はそこまでハードルが高い訳ではなく、常に足元を意識さえしていれば、足首を捻る心配もありません。
ハイヒールで頂上まで登った女の子もいましたし ^^

娘を抱えながら頂上に辿り着き、下山するお父さん。

絶景!

カールの頂上にて。この先もまだ探検できそうですが、数時間も掛かるそうなので引き返す事に。

どういう訳か下山する方が疲れました ><

麓に到着する頃には疲労困憊。後は食事を取って東京に戻ります。

地元の伝統的な日本料理。僕はいくら丼をチョイス。

ここら辺はビーフカツ丼で有名だそうです。

東京に向かう途中、再び別のサービスエリアに立ち寄り、用を足し、菓子類をチェック。

1瓶1000円もするので、絶対惜しいです ^^

比較的規模が大きいサービスエリアにはこのようなフードコートもあります。

食べ物は萌えイラストを添えれば売り上げUP。

東京に帰還。家までは後10kmほど。

原宿を通過中。まだアップしていない見所関連の写真は沢山ありますが、一先ずは下記一覧の記事をどうぞ。