英文履歴書の書き方

POSTED BY DANNY CHOO On 日 2012/01/29 22:00 JST in 指南

ネットには英文履歴書の書き方が色んなところで掲載され、ひな形テンプレートもダウンロードできますが、今日は僕がずっと使っていた履歴書のテンプレートをワードファイルで共有したいと思います。この履歴書のフォーマットを使って、日本航空、アマゾンやマイクロソフトに入社でき、さらにグーグルやアップルのインタビューやオファーも得ることが出来ました。でも当時はグーグルやアップルを辞退しマイクロソフトにしたけどね^^;
履歴書のテンプレートはここにアップしましたので、ご自由に編集したり使ってください。

国内の外資系企業や海外での就職の場合に役立てれば嬉しいです。海外の履歴書は日本の履歴書フォーマットと全く違いますので、海外で日本版を使わないでください。数年かけて、このオリジナルフォーマットに辿り着いた。採用側はあなたに会ったことが無いので、提出した履歴書は面接するかしないかの判断材料になります。

また、僕はアマゾンでウェブサイトマネージャーを勤めた頃には、QAエンジニアからディレクタークラスの人をインタビューしてきましたので、今日は僕が使っていた履歴書のテンプレート以外に、ちょいアドバイスを共有したい。

履歴書は求職直前に書く物だと思われがちです。これは間違いと僕は思います。仕事探ししていなくても、学生でも今すぐ履歴書を作って欲しいです。なぜかというと、今、履歴書を書いたら、結論は二つ出ます。
#1 良し、これはいい。自信を持って出せます。
あるいは
#2 これは全くダメだ。もっとスキルアップしないといけません。
もし結論は#2のであれば、今すぐスキルアップに努力してください。僕のプログラミングやグラフィックスキルは全てグーグル先生で勉強したので、僕みたいなバカだ出来れば、誰だってグーグルを使ってスキルアップ出来ます!
僕がどんなようにスキルアップしたのかは僕がどうやって日本でキャリアを築き始めたかの記事で読めます。

マイクロソフトをやめてから、僕の履歴書は更新していないが、オンラインプロフィールはなるべく更新しています。
これは僕の履歴書の最初の1ページです。1枚にまとめるようにとのアドバイスもありますが、僕の考えではなるべく多くの情報を伝えたい場合は1枚にしぼらなくてもいい。情報は多い方が、面接するかしないかの判断材料になりますので詳しい方がいいと思います。

1ページの一番上には僕の住所や言語スキルを載せています。そのすぐ下に仕事歴を載せています。一番最近の仕事を上にもって来てください。理由は、数年前にやった仕事を一番上に載せても仕方が無いので。
学生で、仕事経験は無ければとりあえずはバイトすればいいと思います。日本文化との出逢いが僕の人生を変えた理由を読んだ方は分かると思いますが、僕はいろんなアルバイトをしていまして、経験やスキルアップを試みました。

それぞれ勤めた会社には会社名と会社のホームページURLも記載してください。会社はどのような事業をやっているかも記載しておく。理由は、誰でもあなたが働いていた会社のこと知っている訳ではないのです。

それぞれ働いた会社の名前の下には、自分の業績(アチーブメント)や任せられた責任も記載してください。
アチーブメントの例として
四半期ごとにプロジェクトプラニング「Quarterly planning process」を導入することによって、アマゾンは優先順位で会社にとって最も重要なプロジェクトを効率良くローンチさせることが出来ました。このプロセスは残業の軽減にも貢献した。
責任の例として
アマゾンジャパンの最高責任者のチームメンバーとして、人事、ファイナンス、オペレーション、IT、リテール、マーチャンダイジング部のそれそれの責任者と共にアマゾンジャパンの方針、組織編成、賞金の割当などを行った。
アチーブメントと責任の区別を理解した上で記載してください。

履歴書の一番下に学歴を載せています。その他に自分のパソコンやプログラミングスキルも記載しています。後は自分の趣味も記載しています。趣味を記載することは重要です。人間らしい味が出ますので忘れないでください。

この履歴書を使って編集してご自由に使ってくださいね!ダウンロード先はここ
あ、ところで、履歴書に記載している仕事の詳細は日本語に訳し、僕のプロフィールに載せています。

名刺を持つことは重要ですね。学生でも誰でも作っておくべきです。世界のどこに行ってもコネは重要なことですが、日本は特にそう。海外では紹介無しで仕事を受ける企業は殆ど。日本では紹介無しで仕事を一緒にしたくない企業は多い。
名刺はコネ作りの必需アイテムなので作っておいてください。

これは僕がまだロンドンにいた頃に作った名刺のフォーマットだ。家庭プリンターで作りました。うちの会社の名刺は全てTokyo Meishi Landで作っています。安いし、クオリティーはなかなかいい。版も作らなくてもいい。

他のキャリアアドバイスの記事は下記にリストアップしています。僕がくったばる前になるべくいろいろと皆さんとシェアして行きたいです。