机周り 2012/09

POSTED BY DANNY CHOO On 土 2012/09/15 15:48 JST in 机周り

気が付けば前回の机周りから5ヶ月も間が空いてしまいました!沢山写真が溜まっているので今回は2部に分けてお届け。本日はラウンジエリアの変遷を見ていきたいと思います。

前回の記事でも触れましたが、これまで使用してきた47インチテレビは大きすぎて端が壁からはみ出てしまうので、壁のサイズにあった新テレビ到着後は一階に置くこと事になります。

こちらが42インチの東芝 42Z3PC ボンバーにて¥73000で購入しました。

次は液晶テレビの壁掛け金具。このStarplatinum GP104はアマゾンで¥7380で購入しました。

このテレビの設置は4月頃の出来事です ^^;

組み立て完了。次は新テレビの開封です。

今まで使ってきたテレビはレグザ。そして値段を考慮した結果、今回も再びレグザをチョイスする事にしました。僕が知る限り、42インチテレビを7万円台で提供しているメーカーは他にいません。
レグザは値段以外にもデザイン面も良く、本記事の後半で触れるゲーム機能も充実しています。

テレビは金具を取り付ける為、一旦俯せにします。

この2本のブラケットを壁のマウントに掛けます。

レグザを選んだもう一つの理由はそのケーブル類の差し込み口にあります。差し込み口はこの様に側面に配置されているのでテレビが壁に接した状態でも取り外しが可能です。他のテレビは差し込み口が後ろ側にあるので壁にピッタリ配置することはできません。

ブラケットはネジでテレビに固定します。

準備完了、壁への取り付けスタンバイ。

日本家屋の殆どは木と石膏で出来ているので、この道具を使って壁の奥にある支柱を探り当てます。
これはアマゾンで¥1000 以下で手に入ります。

この針を壁に貫通させる事で白い目盛りが連動し、壁の厚さが特定できます。この壁の厚さは12mmみたいですね。こちらが使用例です。

ただ残念ながら支柱が必要な箇所に無かったのでIKEAで購入したこのボードアンカーで代用します。ネジを締めれば中間部分が広がり、アイアンマン、ハルクやソーでない限り壁から引っこ抜く事は出来ない様になります。

日本家屋で穴を開けるのには大きめのスクリュードライバー程度で十分。ドリル等は不要です。穴を開ける際は石膏の散らかり防止に濡れたティッシュを添えると掃除する手間も省けます。

IKEAのボードアンカーを壁に挿入。

ネジを締めた状態です。ちなみに壁の中のネジはこんな風になっています

これで壁掛け用のマウントが壁に固定されます。

新しく買った長めのTV同軸ケーブル。

現在日本で販売されている全てのテレビに付属するB-CASカード。アンテナさえあればテレビのスロットに挿入する事でケーブルテレビが見れちゃいます。無料な局があればBBC等の有料な局もあります。

ボタンがいっぱい!

テレビを壁に掛けて設置完了!スッキリしますね!

XBOXのとあるゲームで登場したとある可愛い女の子。

家でも運動が出来る様、Kinect目当てで購入したXBOX。今のところKinect関連のゲームしか持っていません ^^;
ちなみに僕のIDはDannyChooDotComですので気軽に追加しちゃって下さい。リクエストは次回ログインする時に承認します。

XBOXに関しては全く無知な僕ですが、デフォルト状態では数GBしか積まれていないので別途HDを買い足す必要があるみたいですね。

250GBのHDをゲット。

正直のところXBOXでの初めての使用体験は最悪でした!日本版でのサインアップには手間が掛かりますし、それに加えてPCでサインアップを要求されました。とても面倒なので有料コンテンツをダウンロード出来るところまではセットアップが終わっていません ><

今のところPlay Station Networkの使用体験が一番良かったですね。
ゲーム機のソフトはオンラインで購入されていますか?

This Poll is now expired

夜のラウンジエリア。壁に掛けてあるポスターは当時開発段階にあったもえかなの全カードを印刷するのに使用された元のテンプレートです。

日本の家はとにかく小さいです >< Kinectで遊ぶ際はソファーを移動しなくてはなりません。Kinectセンサーはテレビの下のガラス棚に設置されていますが、あまりいい場所とは言えませんね...

そんな事もあったのでKinectセンサーのマウンティングホルダーをアマゾンで買いました。

Kinectセンサーのマウント完了。

テレビの端に設置するとこんな感じになります。

Kinectからのレスポンスは大分改善されました!

お隣さんも時折我が家に遊びに来てくれます。

僕らが何時も遊んでいるゲームはFitness Evolved 2012。運動が必要だけど出掛ける時間が無い方にオススメ。

テレビの下に黒いスピーカーがあったと思いますが、サラウンドシステムよりサウンドバーが欲しかったのでパナソニック SC-HTB520-K シアターバーを¥25000で購入しました。現在は値が下がっているので価格.comでは¥19600です。

これも前回の机周り記事で触れましたが、日本では中々良いワイアレスのサラウンドサウンドシステムが見つかりません。

そこで噂で聞いたサウンドバーを試すべく、このパナソニックのモデルを購入しました。サブウーファーは無線接続ですので別の場所に収納できます。

信号を通してサブウーファーに送信されます。

箱に梱包されていたその他の小物。

サブウーファーは少し大きめ。

壁掛けのブラケットも少し変わったデザインをしています。

コード類が少々散乱。

この写真は痛カーテン導入前に撮ったもの。この頃は一時的にゆずソフトのタペストリーをカーテン代わりに使っていました ^^;

金スマを見ながら作業進行中。

壁から電源プラグが突き出ない様にするのに便利なアダプター。

サウンドバー設置完了!これさえあればお手頃価格で高音質なサウンドは聞けますし、ケーブルによるゴチャゴチャもおさらば!唯一の欠点はボタンが機体上部に配置されている事ですかね。テレビの真下には設置できません。

スーパーポテトで拾った子供時代のレトロゲーム。

近年のテレビにレトロゲーム機を接続すると普段はグラフィックが酷く劣化するのですが、幸いにもこのレグザテレビにはこういったゲームのグラフィックを大画面でもそのままプレイ出来るレトロゲームファインという機能が備え付けてありました。

スーパーファミコンは元々小さな家庭用に設計されたのでコントロールパッドはたった1mしかありません ><
写真に写っているアクスレイ、悪魔城ドラキュラ、魂斗羅スピリッツの3つは僕が最も好きだったスーパーファミコンのゲームです。全てはKONAMI!

魂斗羅スピリッツ。ブーンブーン!

キャッスルヴァニアで紐にぶら下がれるのは確かこのシリーズのみでしたっけ?このカートリッジが出た頃はセーブ機能が無く、ゲーム機の電源を切った後にまた続きからプレイしたい場合は毎回グリッドを記憶して入力する必要がありました。

大きいオフィスに引っ越したらスタッフ用のレトロゲームコーナーを設けようかなと思っています。レトロアーケードゲーム機の購入に興味がありましたらこの検索結果をチェックしてみるといいですよ。

日本では何時でもアニメが見れて素晴らしい ^o^

サマーウォーズを見ながら金曜の夜をまったりと満喫中。

Macの映像と音声をミラーリングするAirPlay機能を目当てに購入したApple TV。これを使ってテレビでビデオを視聴しています。

コンパクトでシンプル。

Macの画面に写っているものであればなんでも...

テレビの方にミラーリングされます。映像と音声は驚く程クオリティが高く、全てWifiで送信されています。ビデオ再生中は気になりませんが、ゲームを遊ぼうとするとラグが目立ちます。

Apple TVは新しいトレーラーをチェックするのにも便利。
皆さんはApple TVのユーザーですか?

This Poll is now expired

PS Vitaは持っているのですが、僕はまだPSPで遊んでいます。Vita用のゲームは数が少なく、現在出回っているものの殆どはPSPゲームのダウンロード版です ^^;
一先ずPSP TVケーブルを接続...

大画面ではこの様に表示されます。レグザ内の映像を滑らかにするアルゴリズムのおかげで画面もバッチリ!
こちらにもレグザによって迫力が増したPSPゲームの例があります。

大迫力のPSP画面!
僕は大魔界村シリーズが大好き。PSPの移植版も是非出してほしいところ。

今年の夏はとても暑いので扇風機を追加。

ユキちゃんが組み立てを手伝ってくれています。
机周り第2部も近日公開予定!