クリエイティブ産業国際展開懇談会

POSTED BY DANNY CHOO On 月 2013/04/08 17:50 JST in ジャパン

先月、僕は日本経済産業省に「経産省クリエイティブ産業国際展開懇談会」の委員に選ばれました。茂木経済産業大臣の閣議後記者会見ではこの懇談会の説明と意図を下記のように述べました。
もう1点、クール・ジャパン関係ですが、本日の閣議で株式会社海外需要開拓支援機構法案、いわゆるクール・ジャパン推進法案を閣議決定しました。これは産業力競争会議での総理指示を受けて、ファッション、コンテンツ等の日本の魅力を産業化するためのものであります。日本の魅力を海外に事業展開し、アジアを中心とする新興国の需要を取り込み、日本の経済成長につなげていきたいと考えています。
また、このたび私が主催するクリエイティブ産業国際展開懇談会を設置することとしました。海外市場に精通している有識者にお集まりをいただき、幅広く議論していきたいと思います。メンバーや日程など、詳細は事務方より改めて御説明をさせていただきます。
経産省のホームページでメンバーリストが発表されています

  • 生駒芳子 ファッションジャーナリスト
  • 鵜之澤伸 株式会社バンダイナムコゲームス 代表取締役副社長
  • 梅澤高明 A.T.カーニー 株式会社 日本代表パートナー
  • 大江匡 株式会社プランテックアソシエイツ 代表取締役社長
  • 大西洋 株式会社三越伊勢丹 代表取締役社長
  • 北川直樹 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント 代表取締役社長
  • 菰田正信 三井不動産株式会社 代表取締役社長
  • 武田信二 (株)東京放送ホールディングス 専務取締役
  • ダニー・チュー カルチャージャパン プロデューサー
  • 野間省伸 (株)講談社 代表取締役社長
  • 速水浩二 SEホールディングスアンドインキュベーションズ 代表取締役社長
  • 堀義貴 (株)ホリプロ 代表取締役社長
  • 依田巽 ギャガ(株)代表取締役会長兼社長CEO、日本経済団体連合会 エンターテインメント・コンテンツ産業部会長

長年日本の文化を海外に発信することによって、カルチャージャパンブランドのユーザーが海外各地に増え、今もユーザーさんと親密なコミュニケーションをとり続けています。
日本のコンテンツをどのように海外で消費されているのか、何をすれば日本のコンテンツやグッズの販路や配信の仕方が改善に繋がるのかをユーザーの意見や要望をそのまま懇談会の委員に伝えます。

第1回クリエイティブ産業国際展開懇談会は先週に行われ、毎月に1回行う予定です。

懇談会は経済産業省本館で行われました。まずは委員と挨拶。こちらはバンダイナムコゲームスの代表取締役副社長鵜之澤伸様。

MacBook Airのセットアップ。みらいちゃんのシール作らなきゃ!

ちゃんと5分以内で収めないと!

アマゾンで勤めた時代から分かったのは、日本では、プレゼンのスライドはテキストや数字でぎっしりデザインされている傾向がある!プレゼンをするというのは相手に聞いてもらうためにやっているので、テキストぎっしりのスライドを相手に見せると、相手はやがってそれを読むことになり、あなたが言っていることは聞かない。

懇談会はニュースにも出ていました。日テレで見れます

左側には懇談会委員。右側には政府の方がた。

座長の依田巽様。

茂木経済産業大臣。

スーツを着ると、カルチャージャパンのブランドはアピールできないので(普段はもえかなTシャツ)、みらいちゃんのピンバッジ作らないと!

ファッションジャーナリストの生駒芳子様。

僕のプレゼンでは、僕がどのようにカルチャージャパンブランドを海外に発信しているのかを紹介するように頼まれました。

僕の仕事内容は自分のプロフィールに記載していますが、ちょい古くなっちゃいました><
日本の文化やライフスタイルを世界に発信しています。発信の仕方は様々あります。

このスライドでは僕が世界各地のニュース番組に出ているところのスクリーンキャップを紹介。

世界各地の新聞や雑誌に出ている様子。こちらもやらしいスライドですね><

日本の文化を海外に発信することによって分かったのは、日本のコンテンツの需要は非常に高い。

僕の仕事を中心となる末永みらいはもちろんピックアップ。彼女が絡んでいなければ、モーチベーションが湧いてこないのです^^;
最近は日本の自動車メーカーや電気会社2社に彼等のグッズ宣伝して欲しいとの案件頂いています。僕はそれらの商品が好きのであればお金は要らないのでただで紹介しますが、みらいちゃんが何らかの形で絡めて欲しいと。

最近は多くの海外のアニメイベントではみらいちゃんのレイヤーさんが見かけます。みらいちゃんをサポートしてくれている海外の皆さんの姿を見ると涙ぐみます ><

こちらはマレーシアの電子マネー「タッチ&ゴー」です。みらいちゃんになりました

マレーシアの観光庁とコラボしたり、みらいちゃんをグローバルなブランドにしたいと目指しています。

クールジャパンは日本の食、ファッション、アニメや漫画などとされていますが、実は「日本語」もクールジャパンと僕は考えています。僕が出している日本語学習シリーズもえかなは業界の方の想像よりも遥かに売れていました。属編「もえ漢字」は予約受付中です^^;

海外の人は安いもの、海賊版しか買わないと思われがちですが、外国人は日本のコンテンツが手に入らない、見れないからその需要に供給するサービスや商品が出てくる。
例外はもちろんありますが。

急成長すると僕が分析する日本のドールブランドを例えにしましょう。1体はおよそ6万円でスタート。手に入らないからオークションで倍以上の価格を実際に海外の人は買ってる。
しかし僕が海外に日本のドールブランドを世界に発信してから海外でのドールユーザーの数はこの数年間とんでもないことになっている!
60CMのドールはカスタマイズでき、世界に1つしか無いドールが作れるという魅力が高い。
こちらに写っているのはボークスのDDゆきちゃんだ。

僕が世界各地で主催しているイベント「カルチャージャパンナイト」のリポート写真を見ると、高価にも関わらず、日本のドールブランドは世界でかなり人気になって来ています。
自分のメイド・イン・ジャパンドールブランドで国に貢献できると思いましたが、資金が底に付いてしまったのです ><

時間は後30秒しか無かったので後の情報は世界のオタク白書に^^;

今日プレゼンしたのは僕を含んで3名。後は各委員から幾つかのポイントを取り上げます。

北川直樹様 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント 代表取締役社長

堀義貴様 (株)ホリプロ 代表取締役社長

次回の懇談会は今月末ぐらいです。

懇談会終了後はすきや!
これからは世界中の皆さんのフィードバックをコレクトし、次回の懇談会でその情報を共有します。